« 初☆NIKITA 今日から艶女!! | トップページ | 相続税 上級⑤ »

2006年2月 3日 (金)

相続税 上級④

今日、相続税の上級演習④を解きました。自己採点ですが、理論47点・計算38点で相変わらず計算が悪いです。解説によると、今回の計算は、定額郵便貯金の複利計算以外は簡単だったので、ミスはあまり許されないみたいです。以下、間違えた点・注意点を記します。3の立木の評価は2問あり、4点もマイナスされ、かなりもったいないです。

  1. 市場価格のある割引債は、既経過償還差益の額は考慮しない。
  2. 生命保険契約に関する権利 H18年3月31日までに開始した相続に係る相続税を計算する場合には、経過措置による評価額と解約返戻金の有利選択ができる。
  3. 株式の評価 課税時期=基準日の場合は、“含み”で評価。
  4. 立木の評価 標準価額×総合等級割合×山林の地積○○ha
  5. 定額郵便貯金 預入高+各回の利子(円未満切捨)の合計額×(1-20%) →各回の利子には最後の複利計算後の余った月分の利子も含める。

|

« 初☆NIKITA 今日から艶女!! | トップページ | 相続税 上級⑤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7845/596043

この記事へのトラックバック一覧です: 相続税 上級④:

« 初☆NIKITA 今日から艶女!! | トップページ | 相続税 上級⑤ »