« 相続税 上級④ | トップページ | デザインストックホルムハウスのクッション »

2006年2月 6日 (月)

相続税 上級⑤

相続税 上級演習⑤を解きましたが、計算が過去最低点(自己採点で理論47点計算25点)となってしまいました。間違いが多すぎて書くのもブルーでしたが、勉強のため以下に記します。

  1. セットバックを必要とする宅地の評価:自用地としての価額-(自用地としての価額×該当地積/総地積×0.7)
  2. 相続時精算課税適用財産 加算される金額=その財産の贈与時の価額 ※2500万円控除しない
  3. 相続時精算課税適用財産 住宅取得等資金の特例 住宅取得等資金全額が加算対象 ※控除額(1000万円+2500万円)を控除しない
  4. 密葬費用は、葬式費用に該当
  5. 名称「保証期間付定期金に関する権利」
  6. 退職手当金等で生前支給額が確定していたものは、未分割遺産に含まれる。未収賞与・未収給与と同じ。
  7. 特別受益額 遺贈財産につき持ち戻しの免除をすると指示がある場合も、贈与財産は持ち戻す
  8. 信託受益権は、持ち戻さない。

1のセットバックはともかく、あとは基礎的なところばかりで、いかに忘れてしまっているかを痛感・・・

また、今回は、時間が足りず、まず理論が、用語の意義を飛ばして書きましたが60分もかかってしまいました。計算は、税額計算までいかず、無条件で6点マイナスです。集計をやめて、先に配偶者税額軽減(未分割のため)以外の税額計算をやるべきでした・・・

|

« 相続税 上級④ | トップページ | デザインストックホルムハウスのクッション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7845/627779

この記事へのトラックバック一覧です: 相続税 上級⑤:

« 相続税 上級④ | トップページ | デザインストックホルムハウスのクッション »